足裏マッサージで体の内側から綺麗になろう

最近のエステではタイ古式マッサージやインド式マッサージ、バリ式マッサージ等の海外から輸入された技術や施術法を取り入れたマッサージが広く行われています。そのため、エステで行われるマッサージの内容は特別なオイルや塩などを用いて全身を優しく撫でるように刺激していき、リンパの流れや新陳代謝を改善していくというものが主流となってきています。しかし、ほとんどのエステサロンでは現在でも昔ながらの「足裏マッサージ」が広く行われているだけでなく、英国式のリフレクソロジーなどを取り入れた最新の足裏マッサージなどが行われています。

足裏マッサージは主にプロのエステティシャンが手や指の固い部分を使って行います。足裏には内臓へとつながる「反射区」が点在しており、足ツボと共に刺激を与えることでさまざまな美容効果、健康効果が得られます。足裏マッサージの種類にはさまざまなものが存在していますが、代表的なマッサージ法としては足裏健康法や英国式リフレクソロジーなどがよく知られています。

足裏に点在する多くのツボや反射区を刺激すると、身体の中で弱っている部分が分かると言われています。たとえば、内臓につながる反射区に刺激を与えて痛みが強ければ、その反射区と繋がる内臓が弱っているという事になります。こうした知識を頼りに足ツボや反射区への刺激を与えて、内臓機能を回復させたり血行を改善へと導くのが足裏マッサージを行う最大の目的だと言えます。