推拿(すいな)ってどんなマッサージなの?

t現代におけるエステのイメージは、一般的にリンパの流れを促すためのマッサージやオイルを使ったマッサージ、ミネラルを豊富に含んだ塩を用いたマッサージ等を連想する人がほとんどです。

しかし、美容目的で行われるエステでのマッサージには少なからず「各国の伝統的な技術」が取り入れられており、美容効果だけでなく健康を増進する効果を持つ施術がほとんどだと言えます。そんな中、世界でも特に古い歴史と文化を持つ中国の伝統的なマッサージ、「推拿(すいな)」を取り入れるエステサロンが増えてきています。

伝統的な中国式マッサージとして知られる推拿(すいな)ですが、元々は鍼灸・漢方に並ぶ中国伝統医学の医療法として発展してきたという歴史があります。そのため、現在でも中国の病院ではこの推拿(すいな)を治療として行っているところも多く、その健康増進効果は医学的にも証明されています。推拿(すいな)は別名、中国整体や中国式マッサージとも呼ばれますが、基本的な施術方法は手を使って患部を押したり掴むという手法になります。

推拿(すいな)は人体の各部を押したり揉んだり、掴む事によって経絡上に存在するツボを刺激し、身体の表面だけでなく内臓にまでアプローチすることが可能となります。また、表面の筋肉だけでなく深層部の筋肉にもアプローチが出来るので、しつこい筋肉のコリや痛みを解消する効果も期待できます。そのほかにも適切なツボを刺激する事で便秘や下痢の解消、婦人系の疾患なども改善へと導く事が可能です